空飛ぶスルメイカ

自粛期間中はずっとポケモンとパン作りしかしてませんでしたイェーイ

カテゴリ: 漫画・ゲーム・アニメ

 
64の名作「ゼルダの伝説 時のオカリナ」。
これに「ランダマイザー」というツールを使うとダンジョンの移動先や入手アイテムが完全ランダムになってしまいます。
早い話、この動画を観てもらえれば分かりますwwwあべこべになりすぎててもはや別ゲームと化してますwww
詰む可能性も充分あるのですがこの動画を出してるネクロスさんは奇跡的にクリアを成し遂げております。すげぇ。

最近はこのランダマイザー動画を夜中見ながら寝落ちするのが日課になっていました。
今だとムジュラの仮面もリアルタイムで投稿してて毎日楽しめてます!

ポケモンセンターといえば!

うーたんと一緒にポケモンセンターメガトウキョーへ遊びに行ってきました☆
リニューアルしたみたいで見てくださいこれ!!
ラッキーさんが入り口で出迎えてくれます 彡∩ ‘ ∀ ‘ ∩ミ
ずっとずっとこのラッキーに会いたくて!待ちわびてました!
思ったよりテカテカしてて可愛かった~~~♡


サンシャインシティがポケモンまみれ
サンシャインシティのポケモンセンター回りも可愛いポケモンたちで埋め尽くされていました!
ポケモン好きにはたまらない空間ですね(*´∇`*)


本日の戦利品。
今日買ったもの。
・ヤドンの枕カバー
・LOGOSコラボのレジャーシート・クッション・ランチケース
↑本格的なキャンプ用品メーカーとコラボするとはびっくり。
初代の151匹がデザインされてますが、商品一つ一つどう配置されてるか違うんです!
頑張ってラッキーが必ずプリントされてるものを探しました・・・w


うーたんとおそろい!
あと、ポケモンGOコーナーでうーたんと一緒にiPhoneケースを購入しました♡
この日うーたんにiPhoneSEの魅力をどっぷりと教えてもらい、げそも欲しくなっちゃいました。iPhoneSE。
7とサイズ同じでボタンもあって、単純に性能が向上するだけと考えたら変えたくなっちゃいますよ~。
というわけで来月最初の休日に機種変更してきます☆←



ひっさしぶりにタアモ先生の漫画買って思いました、やっぱりタアモ先生は神です。
最初「あれ?画風変わった?」って思いながら読んでたのですがこれは紛れもなくタアモ先生の作品でした~~~女の子の可愛さと胸キュンが止まらない展開たまんないですよ(*´Д`*)
てか短編漫画ばっかり読んでたもんだから続きものだとより展開にドキドキさせられてしまいます。タアモ先生に連載させちゃいけないよ(読者が悶え死ぬから)

秋田の田舎に住む女の子があるきっかけで上京して男の子を追っかけるストーリー。
この男の子ことあつもりくんが好き好きアタックされても「知ってる」と塩対応してばかりなのですが、これあしらってるんじゃなくて単に好きとか嫌いとかがよくわかってないからなんですよね。
あつもりくんもヒロインもほんっとに良い子なんです。純情なんです。
はぁ~私もろくたんとこんな甘酸っぱい青春送ってみたかったな~(突然古いネタをぶっこむ)

あ!あと、この漫画の聖地巡礼も行ってみたいですww
「きりたんぽパフェ」が個人的に気になります。秋田の女子中学生って普通に食べるもんなのあれ?(;´Д`)

色違いラッキー

色違いサーナイト

色違いマルノーム

色違いルンパッパ

色違いチルタリス

色違いエネコロロ


色違い集めるの楽しくてついに手持ち全員分捕まえてきちゃいました。
パッと見改造厨と間違われそうなwww
ラッキーは国際孵化、チルタリスは群れバトル、その他のメンバーは全員サーチ連鎖で捕まえたポケモンです。
どんだけ暇なんだよっていう・・・^p^

色違いラッキーのはなみどりちゃんはHPと防御を個体値V&努力値全振りしているのでとても固いです。
Lv100まで育ったら・・・軽い気持ちで秘密基地にやってきた人達泣かせまくりですね。ぐふふ。



続きを読む

命名・はなみどり
ファッ!?

突然生まれてきたもんだからびっくりwww
日課である配布用ラッキー孵化作業してたらついに色違いの子が生まれてきてくれました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
通常 1/4096 という超低確率で色違いのポケモンに出会えるんですよ。
さらに海外のポケモンとタマゴを作る「国際孵化」+色違い遭遇率アップするアイテム「ひかるおまもり」で 1/512 まで確率があがるんです。
それでもなかなか生まれてこないので「ピンプクをサーチ連鎖させた方が早いんじゃ・・・?」と思っていましたが、こうして生まれてきてくれて本当に嬉しいです!
ゲーム中で出会えたのはこれが初めて。色違いってポケモンGOだと割と出会いやすいんですけどねww


↓嬉しさのあまり久々にひみつきち更新します↓

続きを読む

このページのトップヘ